中古物件を選ぶポイント

中古物件を選ぶポイント

中古物件を選ぶポイント

今「リノベーション」という言葉をよく耳にします。
中古物件を購入して骨組だけのスケルトン状態にした後希望に沿った間取り、空間を作っていくものです。

リフォームと何が違うのか?

新しいものにかえるだけでなく、新たなスペースや空間をつくったり、機能性をもたせることによって今以上の価値が付いた建物に出来上がることを言います。

某テレビ局でもやっている内容をわが家でも!と思っている方は多いはず。私もその中の一人です。(夢ですが。)

そこでリノベーションにかかる費用を調べて・・・高い。次はリホームで考えても・・・やはりいいお値段。

では購入価格を安いものに。なんて考えてはいませんか?

確かに手を加える予定でしたら安いもので十分なんですが、しっかり見て聞いておかないと大きな失敗を招きかねません。リノベーションでもリホームでも変えることのできないものもあるのです。失敗しないためにも次の要点をしっかり抑えておいてください。

物件をしっかり見ましょう

物件をしっかり見ましょう

中古物件を購入する際は、色々な物件を見ることが大事です。特に投資目的、人に貸して収益物件として購入する場合は、自分で住む場所以上に時間をかけ納得できる物件を探さないと、本当に収益物件としての役割を果たしてくれないそうです。

まず物件を外観から見てみましょう。

  1. 建物全体、共有部分に至るまできれいに整理整頓されていますか?(特にマンション)
  2. 壁にひび割れ、壁の一部が大きく変色はしていないですか?
  3. まわりの環境はどうですか?(隣はゴミ屋敷、上には送電線など)
  4. 物件の前の道路は広いですか?
  5. 周りに大きな空地はありませんか?

上記の内容1はマンションの場合、管理会社がしっかりしているかどうか、2は建物自体が老朽化しているのではないか、3は今後出火の恐れや家電製品の影響など、4は特に一戸建ての場合再建築不可になる場合も、5は将来マンション建設等になり日照権問題にもなりうる等多岐にわたって想像できます。

不動産会社に聞いてみましょう

不動産会社に聞いてみましょう

不動産屋にもいくつか役割があるもので、広告を出している仲介専門の不動産屋と、売主となっているまたは売主から代理を任されている不動産屋がいますので下記の質問内容は売主、代理を任されている不動産屋に尋ねるとよいでしょう。

  1. 施工業者名・管理会社名
  2. 建築申請確認・検査済みはとれているのか
  3. 高層ビルなら建物、建物設備の定期検査は受けているのか
  4. 高層ビルでなくてもエレベーターを使っている場合は定期検査を受けているのか
  5. 土地の権利は所有権か、借地権か
  6. 大きな道路、鉄道、区画整理事業の予定はないか
  7. 建て替えは可能か(一戸建ての場合)
  8. 以前はどんなものが建っていたか
  9. ローンは組める物件か

沢山あって覚えられない、聞きずらいといった方は9番の「ローンは組める物件ですか」と聞いてください。中古物件でもローンを組める物件なら建物自体は大きな問題はないと思われますが、まれに問題ある物件もローンが組めたりします。不動産業者の表情等じっくり観察しなが聞いてみてください。(1~4まで)5借地権の場合どのような契約になるのか、いづれ立ち退く心配はないのか、6も5同様立ち退きの心配、土地の減歩後退(減ること)はないか、7はそのままで8は土壌汚染に関するものです。

最後に決めるのは

最後に決めるのは

とにかく気になる物件は多く見たほうがいいです。
見ていくうちに、だんだん自分がどのような家が欲しいのかがわかってくるからです。(反対に分からなくなってくる場合もあるので、加減が必要です。)
多少周囲がうるさくても、駅近がいいのか?不便さはあるが静かで広い空間を望むのか等。
わが家の理想像たるものができるのだと思います。
そこまでいけば最終決断。気に入ったかどうかです。

以前どこかで聞いた文言ですが「家を決めるのは結婚相手をきめる時と同じ。直感が大事」だと。
私は自分で家を購入したことがないので正直「本当?」と首をかしげてしまいます。
でもそうかもしれません。自分が納得し気に入ったところであれば多少問題が起きても前向きに対処できると思ってます。そういかない時は早急に専門家へ相談してください。
中古でも大きな買い物です。
納得して購入することが一番です。

その他のメニュー

業者選びのポイント

業者選びのポイント

業者選びのポイントについて説明しております。

おすすめ賃貸物件

おすすめ賃貸物件

弊社おすすめ賃貸物件です。

不動産調査とは

不動産調査とは

弊社の不動産調査について説明しております。