不動産を購入する際のポイント

民泊新法成立2018年1月より施行予定

 

最近何かと問われている、民泊を全国で認める「住宅宿泊事業法(民泊新法)」が今年6月に成立、

 

2018年1月より施行予定となりました。(アットホームより)

 

ですが間違わないで頂きたいのが、どこでも民泊を受け入れられるわけではないのです。

 

 

 

まずは、民泊を受け入れている特区かどうかを各市町村にたずねましょう。

 

 

東京では、最近までは大田区のみでありましたが今現在はどうでしょう?

毎日確認していないので、そこは不明です。

 

必ず行政への確認は必要不可欠です

 

 

空室マンションを民泊施設として考えている場合は、

 

マンションの管理組合で容認しているのか否か?が大事です。

 

 

 

 

今後賃貸だけでなく、売買でも管理組合が容認している物件なら

 

重要事項説明に謳わなければならなくなり、(用途制限や特記事項への記載)

 

かなり物件自体の価値に影響を及ぼすのではないかと・・・思われます。

 

 

最近は何でも知っている不動産屋は貴重かもしれません。

 

 

オーナー様、購入希望のお客様、賃貸借希望のお客様も十分信用できる不動産屋を見つけることが鍵となります。

 

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
なのはな不動産
http://nanohanafudousan.jp/
住所:〒136-0071 東京都江東区亀戸5丁目43番11号
TEL:03-5858-6955
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
nanohanafudousan | 2017.08.10 12:40

不動産を購入する際の留意点

 

 

一般的に不動産を購入する際の留意点をお知らせします!!

 

 

土地や建物の購入にあたっては、金額も大きくなることから種々の事項につき慎重に調査しなければなりません。

 

まず1つ目  登記簿調査

 

2つ目は   現地調査

 

(当店が物件調査として扱っているのはこれにあたります。)

 

 

登記簿などの調査では?

 

目的となる不動産が確かに売主のものであることの確認が必要です。

法務局にて登記簿や公図の閲覧をしたり、売主から権利書の提示を求めたりしながら行います。

目的の不動産に、買主の使用を制限する権利(地上権など)や抵当権などの担保権が設定されていないか?を確認する必要があります。

 

 

現地調査(現状の調査)

 

目的となる不動産が登記簿に記載されている内容に間違いがないか?を現地で確認します。(土地の所在地、地目、地積、建物所在地、種類、構造、床面積など)

土地が公道※に接していないときは、公道までの通路使用権はあるのか?(囲繞地通行権等  ~イニョウチツウコウケン ナド)建物のための敷地利用権があるのか?(建物のみを購入する場合)

(※ここでいう公道とは、建築基準法で定められた道全般とそれ以外の道も含まれます)

建築基準法や都市計画法による制限の確認

建築可能な建物の種類や構造であるか?(用途地域の確認や容積率、建ぺい率、地区計画などなど)

建物のみを購入する際は、土地(敷地)の所有者の同意は得られているのか?の確認

隣接する敷地の境界を確認(隣地所有者に立ち会って確認できればOK)

 

 

不動産を購入する際は、重要事項説明書がこれらにあたります。

 

 

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
なのはな不動産
http://nanohanafudousan.jp/
住所:〒136-0071 東京都江東区亀戸5丁目43番11号
TEL:03-5858-6955
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
nanohanafudousan | 2016.09.12 19:35

不動産を購入する際のポイント

不動産を購入する際のポイント

不動産は高い買い物であるため、物件選びは絶対に失敗したくないと考える方がほとんどだと思いますが、安心して購入するためにも知っておきたいポイントはたくさんあります。そこでこちらでは、不動産を購入する際のポイントについてご紹介いたします。

 
 
 
 
 

予算の決定

物件探しを始める前に、おおよその予算を把握することが重要となります。不動産の購入には購入資金だけではなく、税金や登記費用、住宅ローンなどといった様々な諸費用がかかりますので、予算を決める際はこれらの費用も考慮して決めるようにします。

相場について知る

不動産の購入を決めるにあたって、大きな判断材料になるのが価格ではないでしょうか。不動産の場合、一つとして同じものが存在しないため、同じ地域の土地でも、土地の形や面責、方位、接する道路の状況などによって価格が大きく変わることがあるのです。

このように、売り出されている価格が妥当なのかを判断するのが極めて難しい特徴があるため、専門家からのアドバイスをうけたり、似た条件の土地情報を収集したりして、ある程度の相場を知っておきましょう。

住宅環境を調べる

安全で快適な暮らしを送るためにも、これから住もうとしている街やその周辺環境がどのようになっているのかをあらかじめ調べておく必要があります。

物件を絞ることができたら、実際に現地に行き、見たり歩いたりして確認することをおすすめします。

また駅までの距離なども確認し、スーパーや病院など、快適な生活に必要な施設のチェックも忘れずに行います。

東京都江東区亀戸や錦糸町で不動産や賃貸物件をお探しなら当社をご利用ください。不動産売買や売買仲介、賃貸物件情報の紹介をしております。
東京23区を中心に、豊富な物件を取り扱っておりますのでお気軽にご相談ください。

nanohanafudousan | 2015.02.22 0:00

気軽に希望を相談できる、亀戸・錦糸町地域の不動産店です

なのはな不動産は、江東区亀戸にて営業しております不動産店です。地域密着店として近隣エリアの物件や地域情報に精通しているため、豊富な情報量で物件のご案内が可能な当店では、これまで数多くのお客様に物件のご紹介をした実績がございます。
また、初めての不動産店利用の方でも、親切・丁寧なご対応とご説明を心掛けておりますので、どうぞお気軽に当店をご利用下さい。また、ホームページでは新規物件のお知らせや日常を綴っているブログも大変ご好評頂いております。
亀戸・錦糸町エリアの不動産物件のお取り扱いは、アパート・マンション・一戸建てから駐車場、店舗用テナントまでございます。ホームページや店頭でご紹介している中で、気になる物件がございましたら、是非お気軽にお問い合わせ下さい。